いまクラシックが新しい?!お灸の効果

簡単セルフケア

免疫力を高めておきたい今、自宅でできる日々のセルフケアは重要です。

「お灸」は、東洋医学の伝統療法で昔は家庭で行われていましたが、西洋医学の発展とともにその風習はなくなっていきました。

しかし近頃、自然治癒力を高めるナチュラルな健康法として、お灸に再度注目が高まっています。

 

  お灸とは?

お灸は、約3千年前に中国で生まれ日本に伝来し、江戸時代には大流行していました。

古典落語には「強情灸」という演目があり、江戸庶民にも親しまれていたそうです。

当時は民間療法として、何か不調があったらお灸がよく行われていました。

お灸の原材料は「よもぎ」

お灸の原材料は「よもぎ」。よもぎの葉の裏側にある白い毛の部分を集めたものを「艾(もぐさ)」と呼び、もぐさを適量まとめて火をつけ皮膚の上で燃やすのがお灸です。

よもぎは、女性にうれしい効果がたくさんあり、漢方では「艾葉(がいよう)」と呼ばれ、婦人科系のトラブルなどに処方されています。

西洋では「ハーブの女王」と呼ばれているそうです。

いろいろなお灸の種類

「お灸って熱そう。ヤケドしそうでこわい」というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。

熱さをしっかり感じさせるお灸もあれば、直接肌には触れずに温感だけを与える熱くないお灸など、お灸には様々なやり方があります。

◆直接灸

肌の上で直接お灸をします。チクっと熱いのが特徴。

◆間接灸

①台座灸

お灸を台座の上に載せ、肌には直接触れないようにしたお灸です。台座に空いた穴から温熱刺激ともぐさの薬効が肌に伝わります。

②隔物灸

お灸と肌のあいだに、「しょうが」や「にんにく」、「みそ」などを挟んで行います。

お灸の効果に加えて、あいだに挟んだものの薬理作用も伝わります。

 

  お灸の効果

お灸にはどんな効果があるのでしょう。ここでは主な効果を3つご紹介します。

1.血行が良くなり病気になりにくい身体に

お灸の温熱刺激で血行が促進され体がポカポカと温かくなり、免疫が働きやすい身体作りができます。

「冷えは万病のもと」という言葉があるように、冷えは健康維持に大敵。お灸を続けることで冷えの改善にもつながります。

2.懐かしい香りと温かさでリラックス

お灸に火をつけると、なんとも懐かしく落ち着く香りが広がります。

艾には「チネオール」というアロマ成分も入っているので、リラックス効果が期待できます。

夜寝る前や気持ちを落ち着かせたいときにお灸をすると、香りと温かさでじんわりと緊張がほどけて心が穏やかになります。

3.身体の痛みや不調を改善

痛みや不調、それぞれの悩みに合わせたツボの場所にお灸をします。

温熱効果とツボの刺激で、肩こり、腰痛、生理痛、冷え性、不妊、腱鞘炎、頭痛、胃痛、便秘、下痢など、様々な不調の改善に役立ちます。

  どこで買える?

自宅で行うセルフお灸には、台座灸である「せんねん灸」が安全で手軽に使えるのでオススメです。

ドラックストアやネット販売でも購入できます。

温度が低いものから高いものまであるので、初めての場合はまずは低い温度から試すと良いです。

 

 

 

 

 

 

せんねん灸のホームページでは、お灸の使い方から注意点まで細かく書いてあるので、お灸デビューの際にはぜひ目を通してみてくださいね。

せんねん灸ホームページ https://www.sennenq.co.jp/